ソーシャルメディア・マーケティング


 

昨今、ソーシャルメディアという言葉がビジネスシーンにおいて共有言語のように語られるようになり、ソーシャルメディアを如何にマーケティングに活用し、売上を伸ばしていくか、ということがマーケティング担当者のみならず、企業にとっての最大の関心事のひとつになっているとも言えます。

 

かといって、ソーシャルメディアをいち早く自社のマーケティング活動に導入したからと言って、何らかの成果が生まれる、とは限らないのも事実です。

そもそもソーシャルメディアは、「人」と「人」がネット環境を介し、自然に結びつくことが前提で、その場にライブ感あるクチコミや文脈、コンテンツが生まれ、そこには企業の意図とは大きく異なる情報メディアを形成しうる場合も少なくないからです。

 

それ故に、ソーシャルメディアをマーケティング担当者が運用する前に、まず心得ておかなければならい大切な要素があります。

それは、「運用の目的」と「指標」を掲げ、明確な「運用ルール」を持つことです。

 


1. 運用の目的は?

そ れって、ブランディング、プロモーション、集客?ソーシャルメディアは、個人の見識がメディアとなり様々な形態をとるので、それぞれのメディア特性を十分 に理解し、明確な導入目的を持って、メディアを複合的に組み合わせることで、成果を生み出すことがより重要になってきます。

 

2. 成果を導くための「指標」はありますか?

何をもって成果と言えるのか?それは明確にカウントできるKPI達成度を定量的に把握するための指標)を定めることが不可欠です。KPIは、資料請求数、PV数、クチコミ数、フォロワー数、お気に入り数、いいね!数など、様々な指標が考えられます。KPIを設定したら、期間を定めて明確に数値化することが重要です。

 

3. 運用ルールは、既にお決まりでしょうか?

ソーシャルメディア導入を検討されているようでしたら、社内運用ルール(ポリシー)の策定が不可欠です。メディアを運用する側の企業においては、専任者を割り充てられるのか。それとも、限られたスタッフが交互に運用する体制なのか。Twitterメディアなら、担当者は誰で、どのようなルールに沿って、どのタイミングで、tweetを行うのか。 Facebookなら、運用はすべて社内で行い、正確かつスピーディでレスポンスを何より重視するのか。それとも外部に委託し、マニュアルに沿って決められた情報をルールのもとで定期的に発信するか、など。ソーシャルメディアにおいては、運用する側の企業姿勢が強く問われるのも事実です。

 

それ以上に、ソーシャルメディアにおいて最も大切なことは、継続して「続ける」ことに他なりません。ソーシャルメディアを通じ、顧客との対話力を日々、高めていくことが、メディアリテラシーが問われるこれからの企業にとっては、より大きな競争力となってくるはずです。